-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.01.21 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

腸内環境

オリゴ糖で腸内の毒素を取り出そう

健康食品のオリゴ糖は、今日本で一番選ばれている便秘解消商品です。販売されてる腸内細菌のヨーグルトを一緒に食べても大丈夫なのかな。最近コンビニ等で売っているR-1やらプラズマ乳酸菌、シロタ等をまとめて一緒に飲む時があったので考えてしまいました。

10代のころから便秘で自力ではほとんどお通じが出ずに悩んでいました。多分、腸内毒素がたまっているんでしょうね。オリゴ糖を飲むようになってから便秘も以前のように頑固なものはなくなったのです。便秘していると体に毒素が溜まってしまいます。

コンニャクはノンカロリーで水分を吸収して腸内で膨張するので便秘の方におすすめです。高脂肪、高タンパクな食生活をしていると簡単に悪玉菌は増えていきます。水分が不足すると便が硬くなり排便されにくくなります。中でも人気の高い商品がラフィノースという天然のオリゴ糖です。

毎日の食生活や過ごし方を考え直してもらい、便秘を解消して欲しいですね。腸内には数百種類の腸内細菌が生息してます。毒素を増やす悪玉菌を減らすことが大事なので、腸内で善玉菌を優勢にしておく事によって悪玉菌の出す毒素を抑える効果があります。

妊娠中の便秘を薬で解消する場合、いろんな意味で注意が必要です。1週間出てなかったのでもうスッキリです。しかもトイレに駆け込まないといけないあの嫌な感じはありませんでした。オリゴ糖は善玉菌(ビフィズス菌)を増やす効果があるのです。

腸内毒素を減らすには便通を整える事です。ビフィズス菌をたくさん含む乳製品やオリゴ糖をたくさん食べて、腸内細菌を善玉菌優位にして便秘を予防しましょう。

  • 2016.01.21 Thursday
  • 11:04

便秘

オリゴ糖を買ってよかった

私が便秘解消のために実践しているのはココアとオリゴ糖を飲むことです。砂糖が沢山入った甘いチョコ菓子を食べるのは将来糖尿病という不安も出てくるため、代わりに砂糖が入っていない純ココアとスキムミルクと人工甘味料で、ホットココアを作って飲んでいます。

でもお砂糖は一切使っていないと言っていました。ひどい便秘についてです。10年くらい1週間に1回コーラックでまとめて出す状態が続いていました。やはり甘いもの好きというのがあってか便秘がずっと続いていました。今はオリゴ糖の良さを知ってからを毎朝手作りヨーグルトに混ぜて食べています。

夜はココアに入れて飲んでいます。オリゴ糖を知ってよかったです。大人より子どものほうが効き目は早いようですね。とにかくホッとしました。オリゴ糖を買ってよかったです。ココアはイメージ的には甘い飲み物って気がしますが、実際の純ココアは全く甘さはありません。甘いココアは砂糖が添加されているから甘いんですね。

夜にココアを飲んで便秘解消をするということなんですが、ココアばかり飲んでいるる本当にあきちゃうんですよね。でも私は毎日飲んでいます。オリゴ糖の薄い甘さが逆に続けさせてくれてるのかもしれません。リピートです。最初は子どもの便秘対策にオリゴ糖を購入し、今は私の妊娠中の便秘対策に購入しています。

また対策はありますか?現在妊娠7カ月。妊娠前は便秘知らずの私でしたが、妊娠に伴い便秘発症。いわゆる白砂糖の主成分はショ糖と言うんですが、このショ糖はブドウ糖1個と果糖1個が結合して出来ています。便秘のせいで病気にかかる危険もあるし、だるい身体は嫌です。

  • 2016.01.18 Monday
  • 08:12

ブログ

粉末のオリゴ糖を料理にいれる

一般の健康食品は、乳酸菌やビフィズス菌を「体の外から」取り入れます。離乳食をはじめて1週間経過したあたりから便秘が気になりだしました。粉末のオリゴ糖をミルクに混ぜて飲ませたところ2日目で大量に便を出してくれました。栄養の多い食事をすることが糖尿病予防となります。

赤ちゃんが食べてくれるようになったので、少量から2回食にしました。便は離乳食を沢山食べれば、自然と上から押し出してくれるので、便が出やすくなる事も有ります。料理に粉末のオリゴ糖を入れてあげるのもいいかもしれません。

ヨーグルトを食べることで腸内環境が整います。水分をこまめに摂ると代謝がよくなります。便秘を解消したり、お腹の調子を整えるために毎日の生活習慣が基本です。カルシウム・カリウム・リン・鉄などのミネラルも多く含まれています。

赤ちゃんは胃腸が未熟で、強くなるには結構個人差があるので離乳食をきっかけに便秘になる赤ちゃんも結構いるようです。様子を見ながらオリゴ糖を与えるのはいいことですね。妊娠中から便秘が続き、出産後も授乳で水分をとられるせいか、悪玉菌が優勢な状態だと腸の運動も低下するので便秘にもなりやすいわけです。

お粥などにいれてもほんのり甘くなって子供も美味しく摂取できます。オリゴ糖はビフィズス菌に代表される善玉菌の栄養源となります。お腹が痛くなる事もありません。市販の液状や粉末のオリゴ糖を料理などにいれて活用すれば簡単に摂取できます。

私も便秘で無理やり出すことで切れ痔になることもあったので、オリゴ糖の存在が本当に助かりました。食事制限でのダイエットをしようと思う方は便秘のリスクも考えてみてください。子供の便秘解消に天然のオリゴ糖が注目されています。

  • 2016.01.12 Tuesday
  • 08:29