-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.01.21 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

腸内環境

毎朝オリゴ糖を入れた牛乳を飲んでみる

国民の2人に1人が便秘に悩んでいるとも言われています。他に女性の場合は黄体ホルモンの関係で、生理前に便秘になり、生理後に排便が緩むという状態になることがあります。乳酸菌などの善玉菌を含んだ食品(ヨーグルトなど)を食べるといいでしょう。毎日お通じがある人だと、たった一日出ないだけでも気分が悪くなります。

オリゴ糖だけでなく、体操や腹筋・ストレッチなどの運動と組み合わせると便秘も解消しやすいでしょう。トイレでできるツボ療法をしたり、ゆっくりとリラックスしたトイレタイムを意識しましょう。オリゴ糖を食べた翌朝、お通じがありました。

それから毎晩オリゴ糖入りの牛乳を飲むようにしました。バナナのようなかたさと形、色は茶色系が理想的な便です。 便秘なので、朝、ヨーグルトに混ぜていただいています。いつも同じくらいの時間にオリゴ糖を摂るようにし、食べないに越したことはないのですが、必要であればおやつも3時に食べるようにしましょう。

砂糖をヨーグルトにかける人もたくさんいますが、最近では胃液でも死なず腸まで届くというヨーグルトなどが開発されています。ある医師は健康外来を行っているのですが、医師自身も健康をキープするためにビフィズス菌のアンプルを飲んでコンディションを整えているのが腸内の環境です。

オリゴ糖は便秘解消薬のようにお腹が痛くなったりしません。アトピー自体が非常に厄介なものでもありますから、良いといわれるものはなんでも試したいのはわかりますが、一番実行しやすいのは腸内の環境を整えることです。無理なく自然にダイエットできるのってうれしいですね。

お腹の調子を良くするためにヨーグルトを摂取する場合には、昼食後・夕食後よりも朝食後に摂取する方が効果的であるという結果が出ています。腸内の善玉菌とはビフィズス菌や乳酸菌などがあり、免疫機能を司っているからうまく良好にしてあげれば症状を緩和させることができるのです。花粉症を予防するための腸内の環境の整え方も調べてみましょう。
  • 2015.05.27 Wednesday
  • 17:06

-

スポンサーサイト

  • 2016.01.21 Thursday
  • 17:06
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク